試合結果2018年度4月~9月

2018年9月29日(土)【リハウスリーグ後期Cグループ第6戦】
6年生
vs 高井戸 0-7

 

雨が降り続くコンディションでしたが人工芝のピッチだったので大きな影響もなく試合することが出来ました。

 

夏の中断期間から再開後3試合で得点1失点18。。。
もっと出来るはずだと信じていますし、悔しくて悔しくて仕方ないです。


この結果にも関わらず試合が終わった1分後には頭が切り替わってるような子供達。
子供達同士のミーティングも意見をぶつけ合うこともなく形だけのただ単の意見の発表会。

残念ながら悔しさは感じていないようです。
もしかしたら感じていると言うかもしれませんが、悔しさを感じている試合後の振る舞いには見えませんでした。この3試合までの過程を見ても行動や練習への取り組み方が変わるということはなかったので、そのように過ごしていても本当の意味での悔しさは感じられないはずです。

 

着替えをした後に長い長い話をわざと強い表現も使いしてしまいました。
みんなの好きなサッカーにどう取り組むか、サッカーをしててこれまで味わって来た喜びや楽しさをより大きく再び味わうためには努力をして楽しみつつも苦しむことも必要だということ。
サッカーをしてるみんなのサポーターとなってくれている家族のこと。
今シーズンもあと半年しか残っていない。このメンバーで試合出来るのもあと半年。変わろうとしなければこのまま時間だけ過ぎて終わってしまうこと。
一番気になることとして、試合をただただこなしていて負けることに慣れてしまっていること。負けることはあり得ることだけど、負けた後も変わらず負けることを淡々と受け入れてしまうような負け犬には絶対になってはいけないこと。


でも、みんなは可能性の塊。必ず出来る!変わろうと思い努力し諦めなければいくらでも変われるし少し苦しいこともみんなで乗り越えれば、今まで以上の充実感が必ず待っていること。
長い話になってしまったので、何割伝わったかはわかりません。でも数人の子供達は顔付きが変わりましたし中には涙ぐむ子もいました。
きっと変われると思います。また1割でも2割でも伝わってくれてれば変わってくれるはずです。

サッカーをいきいきとひたむきに取り組む中で人生で大切なことも学べると思います。そんな経験を子供達にもして欲しいです。

 

日本代表がオリンピック銅メダルを獲得した時に尽力したクラマーさんという指導者がいました。そのクラマーさんの言葉に「タイムアップ(試合終了)の笛は次の試合のキックオフの笛だ」と「よい準備がなければよい試合はできない」というものがあります。今のみんなに当てはまるような気がします。

 

サッカーが好きで好きでたまらないものなら悔しさは感じるはずなので、よりサッカーを好きになってらもらうよう自分もより一層努力し、子供達のレベルアップのために最大限サポートしたいと思います。

 

会場提供と本部運営の高井戸の皆様ありがとうございました。
対戦していただいた高井戸の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
井荻カイロスファミリーの皆様、天候の悪い中応援ありがとうございました。


2018年9月23日(日)【リハウスリーグ後期Cグループ第5戦】
6年生
vs 沓掛 0-5

 

先週に続いての第5戦。


決定的なチャンスは数回ありましたが点を取ることが出来ずに残念ながら大敗となってしまいました。
少しずつ成長していることが得点や結果につながらずに本当に悔しいですし、2試合連続で大敗と結果が出なくて子供達に申し訳ない気持ちです。


この苦しい時期が必ずプラスになると信じて、普段の練習から「みんなで楽しむこと」「何か発見すること」「集中すること」を追求していきたいと思います。
諦めないでやり続ければ道は拓けるはずです。

 

会場提供と本部運営の沓掛の皆様ありがとうございました。
対戦していただいた沓掛の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
井荻カイロスファミリーの皆様、応援ありがとうございました。


2018年9月16日(日)【リハウスリーグ後期Cグループ第4戦】
6年生
vs 中野本郷 1-6 得点者:ハル
フリンドリーマッチ
vs 中野本郷、高井戸東

 

8月は酷暑のため東京都全域でほぼ試合が開催出来なかったため久しぶりの再開となったリハウスリーグ。今日から中盤戦です。

 

試合は注意していた前半の立ち上がりに2失点。しかしその後コーナーキックから狙い通りの形で1点を返しました。コーナーからのあれだけきれいな得点は久しぶりでした。ナイスゴール!
しかし後半に入るとまた立ち上がりに失点。その後は後半13分から4分間で3失点。。。

 

試合には流れがあり、うちの流れの時はとても素晴らしいプレーが見られました。その質は上がっていますし試合前に確認したことが出来てる時間帯は非常に手応えがありました。
ただ一方で失点にあらわれているように一旦崩れると勝敗が決まるほど一気にやられてしまいます。残念ながら失点の後に励ますような声も選手同士からなかなか出ませんでした。
また目の前のボールを奪い取る、このボールを絶対相手に渡さないという意地や意欲のようなものも徐々に見られなくなってしまいました。

 

最近、練習でも集中力が大切だという話をしています。漠然と集中しようと言っても具体性がないので、サッカーでの集中力とは目の前の状況で何をすることがいいのか常に考えて実行することと定義し集中することで怪我も防げると話しています。
今日は流れが悪くなるとその集中も簡単に切れてしまっていました。

 

試合は勝つこともあれば負けることもあります。負けた時は第一に指導者に責任がありますし、負けたから全てが駄目とはなりません。ただ負けた後に悔しさが見られないような負けは残念です。

確実に成長はしていてナイスプレーは増えています。ただ目標達成のためにはこの成長スピードをもっともっと上げなければいけません。
みんなはもっともっと出来るから自信を持って!
サッカーをより楽しむために成長していきましょう!

 

会場提供の中野本郷の皆様、運営ありがとうございました。
対戦していただいた中野本郷、高井戸東の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
井荻カイロスファミリーの皆様、応援ありがとうございました。


2018年9月2日(日)【杉並区民体育祭】
6年生
vs 堀之内 1-2 得点者:ジュンノスケ

 

時折激しい雨が降るコンディションでしたが、会場運営の富士見丘さんのご尽力により試合をすることが出来ました。

 

試合前には試合用具を忘れた子達がいるなどバタバタしてしまいました。チームで話し合い、何とか事なきを得ましたが今回忘れた子達は次からは絶対に忘れないだろうと信じてますし、他の子達にとっても学ぶことが出来た出来事だったと思います。

 

さて試合の方はぬかるんだピッチにも躊躇なくプレーは出来ましたが前半に2点先行されてしまいました。後半に入り、相手ゾーンまでシンプルにボールを動かすことが増えディフェンスの押し上げもありチャンスが増えて1点を奪いました。
その後も決定的なチャンスが数回ありましたが決め切れずに残念ながら敗戦となりました。

非常に頑張ってくれて収穫も多い試合でした。しかしもう1ランクチーム力を上げるには反省もしっかりしなければいけません。
今日の得点シーンも含めてチャンスシーンの多くはピッチが悪い事がうちにとってラッキーに働いていて、意図と繋がりのあるプレーとはいえませんでした。
また、勝負の神は細部に宿るといいますが出来るはずの細かなプレー(例えばスローインやコーナーキックの入り方、攻撃でのサポートや守備でのカバーなど他色々)を集中が欠けたことでミスするのはもったいないです。
普段の練習から自分のプレーにこだわりを持って取り組みレベルアップを目指します!

 

会場提供の富士見丘の皆様、グラウンド整備等運営ありがとうございました。
対戦していただいた堀之内の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
井荻カイロスファミリーの皆様、雨の中あたたかい応援ありがとうございました。


2018年8月26日(日)【さざんかカップ2日目】
6年生
vs 明和、フレンドリーマッチ高井戸

 

昨日以上かと思われるような酷暑の中、今日もさざんかカップに参戦してきました。

 

この2日間、サッカーをやるには暑過ぎる天候だったかもしれません。
でもきっと得るものも大きかったと思います。
ここでの経験を良いものにするかはこれからの個々の取組み次第で変わってきます。
さざんかカップから成長することが出来たと言えるように全力で楽しんでいきましょう!

 

シュンジコーチのコメント
『大会最終日で1試合しかないため「全て出し切る」ように伝え試合に臨みました。要望通り自分の持ちうる力を出し切ってくれたと感じました。4試合を通して、DF面では前日にはなかなか出なかった声が出て、しっかりと仲間同士でカバーし合い粘り強く闘ってくれたと思います。攻撃する時間は少なかったが積極的にチャレンジをし前へ進もうと努力してる姿も見れました。確実に全員が少しでも成長できたと思います。しかし、球際の強さだったり、浮き球に対する対応、準備しておくことなどに関しては他のチームと比べ劣っています。この大会を機に、サッカーに対する意識や気持ちを高くしてくれたらなと思っています。それに応えられるよう私自身も知識や力を身につけていきます。』

 

大会関係者の皆様、2日間試合時間の調整や運営ありがとうございました。
対戦していただいたチームの選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
井荻カイロスファミリーの皆様、酷暑の中応援だけでなく様々なサポートありがとうございました。


2018年8月25日(土)【さざんかカップ1日目】
6年生
vs 久我山、桃五、東田 得点者:ジュンノスケ3

 

毎年参加させていただいているさざんかカップに今年も8月最終週に参戦です。

 

8月は試合を入れずに今日の試合は久しぶりとなりました。
久しぶりの試合、酷暑の中の試合ということを差し引いても残念な内容となってしまいました。
もちろん頑張ってるシーンもありますし、いいプレーも見られました。しかし、精神論はあまり好きではありませんが、試合に臨む心構えの部分ですでに整っていないように感じましたし、気分が乗ってるときは良くても困難な状況になった時にチームとして乗り越えようという強い意思は感じられませんでした。
また7月の試合で積み重ねてきたと思われたことを忘れてしまい、これまでの積み上げが非常にぼやけてしまった印象もあります。

誤解を恐れずに言えば、今日のような酷暑の試合にも大きな意味があります。
子供達の健康を第一に考えて無理をしない、させないということは大前提で、このようなコンディションで試合を楽しむためにどのような暑さ対策や体調管理などの準備をするか、過度な無理をしない範囲でどの程度動けるかを体感することが出来ます。

 

サッカーをより楽しみ追求するためにひたむきにいきいきと一緒に頑張りましょう!
長々と厳しいことを書いてしまいましたが、何よりみんなは可能性の塊です。きっと出来る!

 

シュンジコーチのコメント
「暑い環境の中での3戦となり、暑さにやられてしまい本来の力を発揮できずに終わってしまった子がほとんどでした。ただそれは他のチームの子も同じ条件下で闘っています。しっかりと闘えるよう準備を怠らないこともサッカーには必要だと感じます。
試合結果は3連敗。最後の試合は先制点を取れたが、逆転負けをしてしまい、全てを出し切った者としてはとても悔しい試合となりました。ただ、選手たち一人一人が何かしらのものを得られたと思います。まだ、大会自体は終わっていませんし試合もあります。その試合に向けて悔しさをバネに臨んでいきたいと思います。」

 

大会関係者の皆様ありがとうございました。明日もよろしくお願いいたします。
対戦していただいたチームの選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
酷暑の中、応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年7月15日(日)【リハウスリーグ4ブロック後期Cグループ第3戦】
6年生
vs 松庵小 2-7 得点者:オウンゴール、アサ

 

昨日からの連戦となる試合。
今日も暑さがかなり厳しいコンディションでした。

 

内容としてはラスト3分くらいで3失点をしてしまったのはもったいなかったですが、それまでは個々がチームのために出来る限りの力を出し尽くしてくれました。
相変わらずカウンターに対してもろさがありますが、守備も攻撃もポジショニングが良くなってバランスが取れてきたので粘れる時間が増えています。

 

これで後期リーグも序盤の3試合が終わりました。対戦が決まってから子供達にはこの序盤戦は耐える試合ばかりだけど、諦めずに戦い抜けば学ぶことがたくさんあるし成長するチャンスになると話をしていましたが、子供達が頑張ってくれたお陰で成長するきっかけにはなったと思います。
ただ、この3試合で勝ち点は0、得点も相手のミスからのものです。当然、満足せずに努力を積み重ねていきたいと思います。

 

会場提供、試合運営をしていただいた高東のチーム関係者の皆様ありがとうございました。
対戦していただいた松庵の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
酷暑の中、応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年7月14日(土)【リハウスリーグ4ブロック後期Cグループ第2戦】
6年生
vs 高東 0-2

 

後期リーグ2戦目。かなり厳しい暑さの中での試合でしたが試合時間を遅らせるなど少しでも暑さがしのげるように配慮していただけました。

 

リスタートの進め方やゾーンごとでのポジションのバランスなど、暑さの中でも走る必要はありますが少しでも賢く戦えるようにポイントを伝えて試合に臨みました。

細かなミスからピンチを招き耐えきれなくなり失点を重ね負けてはしまいましたが、40分トータルでいいプレーをしてくれました。


試合後の様子を見るとみんな充実感と悔しさと両方を抱えてるようでした。この2つがあればこの試合からきっと多くのことを学んで成長に繋げてくれると思います。

 

そして今日は5年生のナオキが夏休みに引っ越すためラストゲームとなりました。ナオキ自身もチームメイトも今自分の出来ることに責任を持って精一杯プレーしてくれました。チームとしての一体感がありこちらの気持ちが熱くなる素晴らしいゲームでした!

 

会場提供、試合運営をしていただいた高三のチーム関係者の皆様ありがとうございました。
対戦していただいた高東の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年7月7日(土)【リハウスリーグ4ブロック後期Cグループ第1戦】
6年生
vs 高三 0-6

 

約1ヶ月の中断を経て今日からいよいよ後期リーグが開幕しました。

 

試合をする時には勝ちたいと強く思い、全力を出し切ることが何より大切なことだと思います。
そのように取り組むことで仮に負けたとしても多くのことを学び次の成長につながっていくはずです。
でも自分たちの気持ちが原因でそのようにならなかったとしたら勿体ない試合になってしまいます。
果たして今日は勝ちたいと思い、全力を出し尽くしたでしょうか?
多分もっと出来るはずです。みんなは可能性の塊なのでもっともっとチャレンジしましょう!
子供達とひたむきにいきいきと頑張っていきたいと思います。

 

シュンジコーチのコメント
「後期リーグの初戦を勝利で勢い付けたかったが、試合の入り方が悪く気持ちの面でも相手に負けてしまう結果となりました。途中立て直すことはできてもなかなかプレーで発揮することができないことが多く見られます。普段の練習から、自分なりに考えて行動して欲しいと伝えてはいますがなかなか行動に移せないでいます。少しずつ確実に成長はしていると思いますので、更なる発展ができるよう子供達と一緒に私自身も成長していきたいと思います。」

 

対戦していただいた高三の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判に来ていただいた中野本郷さんありがとうございました。
応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年6月10日(日)【LC旗大会】
6年生
vs 桃五 0-4

 

杉並区の大会はLC旗大会、区民体育祭、新人大会(5年生)、区長杯、杉並リーグとありますが、今回はその1つ目のLC旗大会です。

 

開始0分で失点しいきなりビハインドとなり自分達から苦しい試合にしてしまいました。前半はその後も失点を重ねてしまい0-3でハーフタイムを迎えました。試合への入り方はやはり大切ですね。

 

ただ練習中から考えて取り組んでる子達はゆっくりとですが確実にプレーの質は上がっていっていますので今後もコツコツとやっていきたいと思います。

 

個人的なこととして、今日はコーチの人数も多かったので私はベンチを外れて試合を観ていました。試合にどっぷり入り過ぎずに色々なことに気付くことが出来ました。
すぐに手を付けない方がいい気付きもありましたが、今後のトレーニングに活かしたいと思います。

 

シュンジコーチのコメント
「前回のリハウスリーグと同じ対戦相手となり、ある程度相手チームの選手のことを知ってる状態で挑めた試合でした。負けてはしまいましたが、守備の面ではだいぶ相手と闘えるようにはなりましたが、ボールを奪っても雑なパスやミスプレーでボールを失ってしまうことが多いです。ボールを大切に扱える能力を身につけていけるよう努めていきたいと思います。」

 

会場運営の高東のチーム関係者の皆様雨も降る中ありがとうございました。
対戦していただいた桃五の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
OBをはじめ応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年6月3日(日)【練習試合】
5,6年生
vs ゼスク

 

ゼスクさんにお誘いいただき試合をさせていただきました。

 

今日は試合のメンバーとポジションを子供達自身に決めてもらう形にしました。
会場に入る前に時間があったので、会場に入ってから試合までの流れと開始時間などを伝えて子供達自身が主体的に動けるようにと考えていました。
しかし、試合までの準備が非常に悪くメリハリもなくダラダラ、試合までの時間に余裕がなくなりポジションをバタバタと決めて集中せずに試合に入ってしまいました。
何人か途中から危機感を感じ、もがきはじめましたが、今度はもがくことで余裕がなくなり試合の目標が抜け落ちてしまい内容はなかなか良くなりませんでした。

 

このようになってしまったのは良い方向に導けていない指導者の責任です。
日常からより良い適切なサポートを考えてトレーニングしたいと思います。

 

対戦していただいたゼスクの選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年6月2日(土)【リハウスリーグ4ブロック前期Cグループ第9戦】
6年生
vs 松ノ木 1-0 得点者:ハルマ

 

4月からスタートした前期リーグも今日が最終戦。ホームグラウンドで迎えることが出来ました。

 

苦しい試合でしたがなんとか勝つことが出来ました!
内容的には満足のいくものではなかったと思いますが、目標に上げた攻撃面のプレーに全員でチャレンジしてくれました。


後期リーグがどうなるかは明日の結果の他チームの結果次第となります。

今年の前期リーグも全員をレギュラーとして色々なポジションとシステムでプレーしてくれました。
大切なのはこの経験をそれぞれが次に繋げていくことです。収穫と課題を持って次に進みたいと思います。

 

対戦していただいた松ノ木の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
卒業生の保護者の方をはじめ応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年5月27日(日)【リハウスリーグ4ブロック前期Cグループ第8戦】
6年生
vs 桃五 0-3

 

サッカーにミスはつきものです。ましてジュニア年代の試合ではミスが多く見られるのが当たり前ですし、負けた試合なら尚更です。
大切なのはミスをした後のリアクションです。ミスしたことから目を背けても改善はされないのでしっかりと受け止めて次に活かしていきたいと思います。


もちろんいいプレーも守備では増えてるので、それは自信にしましょう。
攻撃は良くなるまでに時間がかかります。コツコツと確実に積み上げていきましょう。

 

シュンジコーチのコメント
「今回の試合は格上の相手にも関わらず、練習ではやらなかった伝えなかった戦術で挑み、選手たちを混乱させてしまいとても申し訳ない形となってしまいました。もっと指導者として成長しなくてはいけないと感じました。同じことは繰り返さないよう練習でも試合でも身体だけではなく頭もフル活動できるような選手になれるよう私自身も成長していきます。」

 

会場提供の松庵小のチーム関係者の皆様ありがとうございました。
対戦していただいた桃五の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年5月13日(日)【リハウスリーグ4ブロック前期Cグループ第7戦】
6年生
vs 上鷺宮 1-4 得点者:シュウタ

 

今日から前期リーグも終盤戦。時折雨の降る状態での試合となりました。

 

4月からスタートしたチームは確実に成長しています。特に守備ではいいプレーは増えて来ました。ただ、いいプレーが単発で終わってしまうことが多いです。連続していいプレーがあれば攻撃にもいい形で繋がると思いますが、いいプレーを1つして安心してしまいぶつ切りになってしまいます。


サッカーではピッチ内で状況を考えて今した方がいいプレーを選択すること、それを連続することがとても大切です。
自分がやりたいことだけではなくて、した方がいいことを積み重ねるのはピッチ外でも出来そうなことですね。それに、やらなければいけないと思うことを実行するよりも、これはやった方がいいなと思って実行する方が気持ちははるかに前向きになりますよね。チャレンジしましょう!

 

シュンジコーチのコメント
「力のあるチームとの対戦で負けてしまいましたが、40分を通して闘い抜いてくれた試合だと感じました。狙いとしていた「チャレンジ&カバー」や励ましやプレーに対しての「声かけ」などを積極的に取り組む子達が増えたと思います。ただ、勢いよく突っ込みに行くようなDFだったり雑に蹴ってしまったりなどのプレーも見られました。こういったプレーは普段の練習で話を聞いて、見て、考えて、どれだけ集中して取り組めているかで変わってくるのだと思います。もっとサッカーにのめり込んでくれるよう努めていきたいと思います。」

 

会場提供の四宮のチーム関係者の皆さま雨の中ありがとうございました。
対戦していただいた上鷺宮の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年5月5日(祝土)【リハウスリーグ4ブロック前期Cグループ第6戦】
6年生
vs 松庵小 0-9

 

ゴールデンウィークということもあり、この日は5,6年生の参加人数が少なく4年生の力も借りて挑みました。

 

今日は疲れもあったのか最近見られたアグレッシブさは影を潜めてしまいました。
味方同士の間にボールが来ても主導権を取らずに譲りあってしまうような場面が見られたのは残念です。自分がやるんだという意志と責任感を持つことを望みます。
ただ4年生が持てる力を出してくれたのはチームにとってプラスです。

 

ユウタロウコーチからのコメント
「サッカーにおいて、技術はとても大切です。
でも戦う姿勢もそれと同じくらい大切です。
目の前のボールをいかにこだわれるか、という部分が今日は足りなかったのかなと思います。
ボールを取られない、奪うという気持ちを持って、それを試合で表現できるように、また練習を頑張っていきましょう!」

 

対戦していただいた松庵小の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
OBをはじめ応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年5月4日(祝金)【リハウスリーグ4ブロック前期Cグループ第5戦】
6年生
vs 沓掛 1-2 得点者:ジュンノスケ

 

リハウスリーグも中盤戦。開幕以来のホームゲームです。

 

前半に先制されてしまう展開でしたが、前の試合から見られるようになってきた粘り強さを発揮して後半に追い付きました。ただそこで達成感が出てしまったのか直後に逆転ゴールを決められての敗戦となりました。


ただ、この5試合で個々としてもチームとしても少しずつですが確実に成長が見られるようになってきました。
もちろん課題はたくさんあります。特に攻撃では保持と展開なしの雑な前進が目立ちます。サッカーの攻撃の目的はゴールに向かうことですがボールを失わないようにしながらという前提があります。もう少しボールを大切にする意識、そのための手段(技術や戦術眼)を磨きたいと思います。

 

リョウマコーチからのコメント
「力のある相手に対して最後まで諦めずに戦ってくれました。選手それぞれが今後への課題を見つけることができたと思います。」

 

対戦していただいた沓掛の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
チームメイトをはじめ応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年4月30日(振月)【リハウスリーグ4ブロック前期Cグループ第4戦】
6年生
vs 四宮 3-3 得点者:シュウタ2、アサ

 

3連休最後の日もリハウスリーグに臨みました。

 

前半に2点先制。そのうち1点はアサのパントキックゴール。しかし前半に1点返されると完全に受け身に回ってしまい2-3と逆転されてしまいました。そこからエンジンが入り、最後まで諦めずにゴールに向かい続けてアディショナルタイムに同点ゴールを決めることが出来ました。しかもディフェンスにいたシュウタが決めたことにチームとしてゴールに向かうプレー、諦めない気持ちが出たと思います。

 

リョウマコーチからのコメント
「後半に逆転される苦しい展開でしたが、最後は気迫のこもったプレーを見せてくれました。ボールを保持する力、そして試合に勝ち切る力をつけて行きたいと思います。」

 

会場提供と本部運営をしていただいた松ノ木の皆様ありがとうございました。対戦していただいた四宮の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年4月29日(祝日)【リハウスリーグ4ブロック前期Cグループ第3戦】
6年生
vs 高円寺 2-0 得点者:ジュンノスケ2

 

先週に続き少し暑いくらいですが、絶好の天気で試合が開催されました。

 

少しずつ攻守でのプレーの選択が整理されてきたようでスムーズなプレーが増えてきてきましたし、耐える時間帯には粘り強さが出てきました。

 

シュンジコーチからのコメント
「前日の練習試合とは違い公式戦という気を引き締めて挑むということを伝えて試合に臨んでもらいました。前日から同様のシステムや戦術で挑んだためある程度子供達も理解できていたのか、前線からプレッシャーをかけにいくことやお互いをカバーし合いながらピンチを防いだりと狙いとしていたプレーを多く見せてくれました。まだまだ、奪いきらなくてはいけない場面や走り負けていた場面もありますので、次に向けて身体や気持ちなどの準備をしてほしいです。」

 

本部運営をしていただき、対戦していただいた高円寺の選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。


2018年4月28日(土)【練習試合】
全学年
vs 本宿 得点者:シュウタ2、リュウト2、ハルマ3、ナオキ、ジュンノスケ3、シュンタ8、リク2、リュウキ3、ナナ、チカラ

 

サッカー日和の爽やかな天気の中、全学年の練習試合を行ないました。

 

シュンジコーチ(5,6年生)からのコメント
「今回は試合の勝敗より、プレーの一つ一つにこだわるよう取り組んでと伝えて試合に臨んでもらいました。狙って成功したプレーや自分なりに考えて行動したプレーを見ることができました。だだ、まだまだ未熟な場面も多くありますので、これからも自分で考え行動し成長できるような選手になるよう私自身も子供たちといっしょに努めてまいりたいと思います。」

 

ユウタロウコーチ(4年生)からのコメント
「今日は気持ちのコントロールが課題となった試合でした。
目の前の試合、目の前の相手、目の前のボールにどれだけ本気になれるか、大事にできるか、という部分が足りなかったと思います。
ただ、試合の中で少し変わることのできた部分もありました。
この成長を継続できるように、また頑張っていきましょう!」

 

リンコーチ(2,3年生)からのコメント
「子供たちは暑かった中、10分7本よく頑張ってくれました。
沢山の子が点を取ることが出来たので子供達も自信がついたのではないかと思います。
また、サッカーがしたい!試合に出たい!という気持ちがとても強く、頼もしく思います。」

 

どのカテゴリーも今持っている力を出していたと思います。結果に一喜一憂し過ぎずにこれから何をしていくかを考えていきたいと思います。

 

今日は2013年に亡くなった前監督、新川健一郎氏の命日でした。きっと子供達のサッカーを見守ってくれていたと思います。

こんな日に試合を出来たこと、本宿さんに心から感謝いたします。

応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。

2018年4月22日(日)【リハウスリーグ4ブロック前期Cグループ第1,2戦】
6年生
vs 高井戸 1-12 得点者:シュウタ
vs 高井戸東 0-5

 

暑いくらいの天気の中今年度のリハウスリーグ初戦を迎えました。

 

結果は見ての通りの大敗です。今年度は1点、勝ち点1、勝つことへの道がかなり険しいものになることが予想されましたが、その通りとなりました。
緊張感もあったと思いますが、練習でやってることがなかなか出ませんでした。練習への集中力が足りていないかもしれません。


課題は山積みですが、良かった点にも目を向けたいと思います。継続性には大きな課題がありますが、守備の粘り強い対応や攻撃の際のコンビネーションをわずかに見ることが出来ました。継続性を少しずつ増していけるように練習したいと思います。

 

このシーズンのスタートを忘れずに成長していきます。
成長するには話を聞くこと、見ること、考えること、たくさんプレーすることが当たり前ですが大切なことです。もう1度、より楽しみ成長するためにこれらのことを確認しながら子供達とサッカーをしていきたいと思います。

 

対戦していただいた両チームの選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
OBをはじめ応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。

2018年4月8日(日)【ハトマークカップ4ブロック予選1回戦】
4年生
vs レグルス 1-4 得点者:シュンタ

 

2018シーズンの試合が今日からスタート。サッカー日和のいい天気!素晴らしいコンディションでした。

 

子供達は通常練習のカテゴリーが上がったり春休み明けすぐの試合で準備が出来ない中、非常によく頑張ってくれました。

特に守備ではしつこく粘り強く集中してプレーをしていました。
一方で奪ったボールをすぐに失ってしまうなど攻撃では課題がありました。個人でグループでもっとボールを握ることが出来るようにこれからの成長をサポートしたいと思います。

 

リョウマコーチのコメント
「新年度となってすぐの試合でしたが、みんな集中して試合に臨めました。ひたむきにプレーできていました。負けた悔しさが次に繋がると思います。」

 

対戦していただいたレグルスの選手をはじめチーム関係者の皆様ありがとうございました。
審判をしていただいた皆様ありがとうございました。
応援に来ていただいた井荻カイロスファミリーの皆様ありがとうございました。